大阪中津にあります雑貨のKICHIJITSUです
by kj-d-_-b
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
KICHIJITSUって?
大阪はキタ・中津にあります、こぢんまりした雑貨店です。
店主気に入りのものを作ったり仕入れたりする自作自演の店です。

商品の一部はオンラインショップにてお求めいただけますhttp://shop.kichijitsu.com

キチジツへ行く(google map)

当サイトに掲載の画像等の無断使用及び複製改変を禁じます
カテゴリ
全体
お知らせ
てぬぐい
ニット
商品
じてんしゃ
くいしんぼう
その他
未分類
タグ
(122)
(77)
(49)
(44)
(21)
(14)
(8)
(8)
(5)
(3)
記事ランキング
以前の記事
2014年 11月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
画像一覧
<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
待ち人来る。
c0043570_1835217.jpgもう、十年近く恋焦がれていた。舟和の『くず餅』である。
12月1日の日記にも書いたが、タイミングが合わず、ずっと食べ損ねて切ない思いをしていた。
数日前の話だが、田舎の母より荷物が届けられた。そこに、頼んでなかったのだが、‘それ’は入っていたのだ。泣いた。食べたかったものが食べられるのは勿論うれしいのだが、それ以上に、娘を思う母の気持ちがぎっしり詰まっていて、おいおい泣いてしまった(チョットいい話)。
くず餅入刀!むちっとした感触。さあ、もう少し、もう少しでこの胃袋に収めてやる。待っとれ待っとれ。きな粉を掛けて…黒蜜をかけて…
あああああああ~ やっぱり美味い~!!この、ややもすれば無味なかんじのモチモチに絡まるきな粉と黒蜜のコンビネーションときたら!!!
散々テンションを上げてから、はたと気が付いた。このくず餅、‘葛餅’ではない。前述の日記にわたしは後者の方で記載している。そう、その時にはまだ気付いてなかったのだ。こんなに好きなのに、長年に渡り、素性を全く知らなかった。というより、何の疑問ももたずに‘葛’と思っていたのである。何気に箱を見たら、側面にこうあるではないか。
   
   このくず餅は、主原料である小麦澱粉を長期にわたって貯蔵発酵させてから
   蒸しあげてあります。このため開封したときに発酵物特有の香りと酸味がございますが
   決して変敗や変質したものではなく、くず餅特有の風味でございます。

舟和よ。よくぞ側面に書いてくれた。そうだったのか。私は小麦粉に恋していたのか。知らずに一生過ごすところだった。気になったのでチョイとググッたところ、やはり東京あたりのものらしい。どうりで大阪で見かけないはずだ。東京近郊の方はどうぞご賞味下さい。
[PR]
by kj-d-_-b | 2005-12-26 18:36 | くいしんぼう
錯覚!
c0043570_17481875.jpg?私が今食べていたのはあべかわ餅だっけ?? こんなふうに錯覚してしまう恐れのあるお菓子、それが画像の『越後製菓 ふんわり名人 きなこ餅』だ。先日、お客様のMさんが、「すごいのがある」と店に持ってきて下さった。
前述の通り、これはちょっとした衝撃である。越後製菓のHPには詳細がなかったが、コチラに詳細が。同社の粋を結集した逸品といってもよかろう
それからというもの、食に興味のありそうなお客様には、必ずといっていいほどオススメしている。美味しいもの情報は黙っておけない性質なのだ。
しかし、ここは大阪。越後製菓の商品が手近な所でなかなか手に入らない。6個ほど入った小袋が6袋入って300円。スーパーなどで入手できる米菓としては、まあまあのコストパフォーマンス。
まあ、買ってみなはれ、スゴイから。特に、きな粉好きはマスト・バイ!!
[PR]
by kj-d-_-b | 2005-12-19 17:51 | くいしんぼう
10パーセントを制作。
100パーセント満足できる手帳がないので、90パーセント満足できるレフィルだけを購入した、と日記に書き込んだのは9月23日のこと。2ヶ月以上経ち、やっと重い腰を上げた。
毎日使う物なので、いくら自分の物とはいえ、きちんとしたものを作ろうと思った。色々思案した結果、画像のカバーが出来あがった。
コレがなかなかの自画自賛。画像では分かりにくいが、ポイントとしてはペンをつき合わせて入れて開閉するので、荷物の中でもペンが落ちることはないし、2、3本入る。マジックテープ式なので開閉しやすいように皮のパッチを両面に付けた。
飽きの来ない紺色のキャンバス地で極々シンプルに、でもちょっと無い感じに仕上がったと思う。長く付き合っていけそうだ。
c0043570_19441057.jpgc0043570_19455611.jpg
[PR]
by kj-d-_-b | 2005-12-17 19:46 | その他
魅惑の果物。
c0043570_17453422.jpg

2年程前、ご近所さんにいただき知った衝撃の果物、「ル・レクチエ」。
洋ナシの一種らしいが詳細を知らなかった。白桃と洋ナシとバナナとリンゴを混ぜたような味・・・そう、これ一つでミックスジュースのような味がする、夢のような果物なのだ。
先日帰省した折、連れて行ってもらった道の駅に、なななんと、鎮座まします、レクチエが!!
味見ができたわけではないので、お試しに少量を購入。
そうでした!あの夢の果物が今ここに!!はぁ~幸せ~
後でググッてみたところ、山形の「ラ・フランス」に対し、こちらは新潟で品種改良されたものらしい。ちょっとお高いかもしれないが、黄色い洋ナシ、「ル・レクチエ」を見かけたら、是非ともお試しいただきたい。今からが旬、です。
[PR]
by kj-d-_-b | 2005-12-05 17:46 | くいしんぼう
修道女の手仕事。
c0043570_1742181.jpg

今回仕入れに(仕入れ!あくまでも!!)地元に行ったということで、ちょっと忘れていた美味いもんをご紹介しようと思う。
画像の『トラピストガレット』はクッキーのような焼き菓子で、那須にある、シトー会聖母修道院の修道女たちが一つひとつ手作りしているものなのである。と、これだけでも美味しそうに感じやしませんか?
実際、とても美味しく、小麦粉と卵、砂糖、バター、マーガリンしか使っておらず、余計な添加物などが入っていないので、安心して食べられる、というのも素晴らしい。
久々に食べたけど、やっぱり美味しい~
・・・すんませんでした!
[PR]
by kj-d-_-b | 2005-12-05 17:43 | くいしんぼう
つい、うっかり。
c0043570_17345824.jpg

こんなもん、買うてまうわ。画像、『モーちゃん牛乳』はかわいらしい牛の形の容器に牛乳(乳飲料)が入っているという代物。もともとはコチラで見て知ったのである。
今回のバスを使っての里帰り、復路でなんと、このモーちゃんが売られている、東北自動車道・佐野SAに立ち寄るというではないか・・・
見たが最後、無意識に‘モーちゃん珈琲’と‘おとめちゃん’を手にしていた。とりたてて美味しいわけではなかったが・・・こんなふうに容器目当てで買ってしまったものがウチにはゴロゴロあるのである。
[PR]
by kj-d-_-b | 2005-12-02 17:11 | その他
田舎侍、おおいに食らう。

店主ほりっこは、益子焼という焼き物で有名な、のんびりした田舎町で育った田舎侍です。
久々に仕入れを兼ねて帰省して参りました。侍ゆえ、バスにて強行スケジュールです。
大阪から10時間。中一泊のみ、帰りは途中、通行止めがあったらしく、3時間も延着。普段の私ならブチッといってるところだが、田舎の温かい空気に包まれてきたせいか、疲れ果てていたせいか、運転手に労いの言葉までかけたりする。
いやー、今回も食べた食べた。何しろ私は母の作る料理が大好物なのだ。私をこんなに食いしん坊に育て上げたのは母である。
事前に「秋刀魚のフライ」「鯖のスープ」「麻婆豆腐」をオーダー。本当はもっと色々食べたいものがあるが、何せ短い滞在、これくらいにしておく。良かった。大好物のお肉屋さんのコロッケ、メンチカツ、ハムカツまで用意されていた。
あぁ美味い、美味いなぁ~ 満腹になるのが腹立たしいほど美味い。
これだけウマイもん食べておきながら、心残りなのは、『舟和』の葛餅が売り切れで食べられなかったこと。
いつものことだが、これくらい食べるのは分かっているので、2キロほどウェイトダウンさせて行った。お客さんにその話をすると、「ボクサーみたい!」と笑われてしまった。

年の為。今回は仕入れに行ったんですよ、仕入れですよ!
近いうちに商品写真もアップしたいと思いますので、お楽しみに。
[PR]
by kj-d-_-b | 2005-12-01 17:07 | くいしんぼう